1回のご注文につき、10000円以上ご注文をいただいたお客様には、送料無料で発送させていただきます

BETAFPV  |  SKU: MA0180-2.4GHz-JP

BETAFPV ELRS Nano TXモジュール 2.4GHz ExpressLRS 長距離低遅延 技適認証済み

¥6,300 JPY


商品配送について

注:このサイトの商品は日本しか配送できません。送料も日本までの送料です。ご了承ください。

1.  注文処理予定日:
ご入金確認後、発送前の検品や商品準備を行い1~2営業日以内に発送致します。ただし、別サイトからの注文が重なり在庫がない場合や長期休業(国慶節や春節等)などは上記日程以上にお時間を頂く場合もございますので予めご了承ください。

2. 予定運送時間

お急ぎ便:3-6営業日

通常配送:6-10営業日

ご注意:

これは推定の配達時間のみであり、YOYOHOBBYは確実な配達時間を保証できません。

注文にバッテリーが含まれている場合、推定の配達時間は長くなる可能性があります。

何か不明点がございましたら、いつでもご遠慮なくお問い合わせください。

service@yoyohobby.com

3. 配送方法と送料

  • 1万円以上の注文については、送料無料とさせて頂きます。
  • 通常配送:注文が無料配送の条件を満たさない場合、商品重量によって送料を計算します。(遠隔地への配送の場合、送料は異なる場合があります。)
  • お急ぎ便:お急ぎ便サービスを提供しています。お急ぎ便が選択された場合、送料はチェックアウトページで表示されます。
  • 関税について:関税は申告価値により違います。事前にお問い合わせください。1万円以下の物品の輸入については、その関税及び消費税が免税されます。

4. 出荷・配送-お届けまでの流れ

ご注文をいただいてからおよそ1~5営業日以内で発送をいたします。

※他のサイトでも販売しておりますので注文が重なると在庫がなくなる可能性があります。万が一の在庫切れの際は先にご注文頂いた方を優先させて頂きますのでご理解とご協力お願いいたします。

※ご注文後に在庫の無い場合は誠に勝手ながらキャンセルもしくは取り寄せという対応をさせて頂きます。

5. 発送完了のご連絡

商品発送のご連絡メールをお送りします。

なお、天候や交通機関の影響などにより配達に遅れが生じることがございます。予めご了承ください。

6. 日時指定

「配達の日時指定」のご利用が可能です。「配達の日時指定」をご希望の場合、メールでご連絡ください。ご指定の日時に配送できない場合がございますので、必ず事前にご連絡ください。

7. パッケージの追跡:

ご注文が出荷されると、追跡番号が記載された通知メールが届きます。運送会社のサイトで出荷状況を確認できます。

お急ぎ便:https://www.dhl.com/jp-ja/home/tracking.html

通常配送:https://www.yuntrack.com/

追跡できない場合は、YOYOHOBBYのカスタマーサポートにお問い合わせください。

8. リポバッテリーの配送について:

リポバッテリーは特別商品であり、普通の商品との発送方法は異なります。リポバッテリーを発送できない場合は、お知らせいたします。DHLやSGHのような急送サービスでは、リポバッテリーだけの発送は禁止されています。2つ以下のリポバッテリーを搭載した製品を発送できます。

リポバッテリーの種類:
リポバッテリーだけ: パッケージにはリポバッテリーのみが含まれています。他の機器は含まれていません。

機器と一緒に: パッケージには機器+リポバッテリーが含まれております。例えば、電池を搭載したBNFドローンやRTFドローンキットなどが含まれます。

9. 配送遅延

YOYOHOBBYは、以下の理由による遅延または受領拒否された注文に対して一切の責任を負いません。

配送先が遠隔地への輸送により、出荷から3〜7日間の遅延が発生する場合があります。例えば北海道、鹿児島。

受取人の行動に起因する遅延または配送の失敗。これらの行動には、住所を出荷後に変更すること、不明な住所または誤った住所を入力すること、誤った連絡先情報を入力すること、受け取りを拒否することなどが含まれますが、これらに限定されません。

不可抗力による遅延。 "不可抗力"とは、予測不可能で避けられない客観的な状況および他の客観的な条件を意味し、国家または地域の航空または陸上輸送システムの制御や中断(気象などの理由)、通信システムの干渉や障害、政府の行動、郵便行政の方針変更、戦争、地震、台風、洪水、火災、大雨、濃霧などを含む遅延の原因となるものですが、これらに限定されません。

お問い合わせ

連絡先:JiTai Road 666#,1-1010, chengdu city, sichuan Province, China
電話番号:+86-028-83225825
メールアドレス:service@yoyohobby.com
営業時間:AM9:30~PM5:30(北京時間)(月曜日~金曜日)
定休日:土曜日、日曜日
注意:1. 休業期間のご注文は、いつものように受け付けますが、ご注文内容の確認・商品配送の手続き等は仕事日に対応させて頂きます。
2. お問い合わせの返事は休日でも返答いたしますので、ご安心ください。
  • ETAFPV Nano RF TXモジュールは、RC用のオープンソースRCリンクであるExpressLRSプロジェクトに基づいています。ExpressLRSは、速度、遅延、および範囲で可能な限り最高のリンクパフォーマンスを実現することを目的としています。これにより、ExpressLRSは、長距離のパフォーマンスを提供しながら、利用可能な最速のRCリンクの1つになります。
  • このモジュールは、NANOモジュールベイ(別名liteモジュールベイ、Frsky Taranis X-Lite、Frsky Taranis X9D Lite、TBS Tango 2など)を備えた無線送信機と互換性があります。
  • TXモジュールとレシーバーは同じELRSバージョンである必要があります。そうでない場合、バインディングは失敗します。
  • TXモジュールはWiFi経由のアップグレードをサポートしていません。 ExpressLRSConfiguratorを使用してファームウェアをアップグレード可能です。

仕様

パケットリフレッシュレート:25Hz / 50Hz / 150Hz / 250Hz / 500Hz(2.4GHz)

RF出力電力:100mW / 250mW / 500mW

周波数帯(ナノRFモジュール2.4Gバージョン):2.4GHz ISM

入力電圧:5V-12V

USBポート:Type-C

技適番号:210-174080

セット内容

1 * BETAFPV ELRS Nano TX module

1 * BETAFPV Moxonアンテナ

1 * 英語マニュアル

ファームウェアをアップグレードする

弊社製のNanoレシーバーとTXモジュールのストックファームウェアはELRSV1.0.0-RC5(5番目のリリース候補版)です。

ELRS Innovativeチームは、7月17日に最初のメジャーバージョンV1.0.0を正式にリリースしました。 いくつかの更新があります:

  • 2.4G NanoTXモジュールは500Hzのリフレッシュレートをサポートします。
  • Nanoモジュールのボタンを3回短く押すと、バインド状態になります。

TXモジュールとレシーバーを最初のメジャーバージョンV1.0.0にアップグレードすることを強くお勧めします。 また、パイロットは、可能であれば、このGithubページで最新のリリースバージョンを確認できます。

ノート:

1. TXモジュールとレシーバーは同じELRSバージョンである必要があります。そうでない場合、バインディングは失敗します。

2.TXモジュールはWiFi経由のアップグレードをサポートしていません。 ExpressLRSConfiguratorを使用してファームウェアをアップグレードしてください。

基本構成

ExpressLRSは、Crossfireシリアルプロトコル(別名CRSFプロトコル)を使用して、無線送信機とNanoTXモジュール間の通信を行います。 したがって、無線送信機がCRSFシリアルプロトコルをサポートしていることを確認してください。 OpenTXシステムで無線送信機を使用して、CRSFプロトコルとLUAスクリプトを設定する方法を示します。 これを設定するには、OpenTXシステムでモデル設定を入力し、[モデル設定]タブで[内部RF]をオフにします。 次に、「外部RF」を有効にし、プロトコルとして「CRSF」を選択します。

ExpressLRSは、OpenTX LUAスクリプトを使用して、バインドやセットアップなどのTXモジュールを制御します。 LUAスクリプトを使用すると、パイロットはNano RFTXモジュールのいくつかの構成を確認および設定できます。 詳しくはサポートページをご覧ください。

ELRS.luaスクリプトファイルを無線送信機のSDカードのScripts / Toolsフォルダーに保存します。

「SYS」ボタン(RadioMaster T16または同様の無線機の場合)または「メニュー」ボタン(Frsky Taranis X9Dまたは同様の無線機の場合)を長押しして、ワンクリックで実行できるELRSスクリプトを見つけることができるツールメニューにアクセスします。

以下の画像は、LUAスクリプトが正常に実行されたことを示しています。

バインドおよび出力電力

Nano TXモジュールは、ELRSを介してバインディングステータスに入る可能性があります。 「LUAスクリプト」の章で説明されているLuaスクリプト。 さらに、モジュールのボタンを短く押すと、バインディングステータスに入る可能性があります。

バインドおよび出力電力

Nano TXモジュールは、ELRSを介してバインディングステータスに入る可能性があります。 「LUAスクリプト」の章で説明されているLuaスクリプト。 さらに、モジュールのボタンを短く押すと、バインディングステータスに入る可能性があります。

注:バインディングステータスに入るとき、LEDは点滅しません。 モジュールは、5秒後に自動でバインディングステータスを終了します。 短く連続して3回押してバインドします。

Nano RF TXモジュールは、ELRSを介して出力電力を切り替えることができます。 「LUAスクリプト」の章で説明されているLuaスクリプト。 また、モジュールのボタンを長押しすると、出力電力が切り替わる場合があります。

RFTXモジュールの出力電力とLED表示

ブルー:100mW

パープル:250mW

レッド:500mW

BETAFPV

BETAFPV ELRS Nano TXモジュール 2.4GHz ExpressLRS 長距離低遅延 技適認証済み

¥6,300 JPY

仕様

パケットリフレッシュレート:25Hz / 50Hz / 150Hz / 250Hz / 500Hz(2.4GHz)

RF出力電力:100mW / 250mW / 500mW

周波数帯(ナノRFモジュール2.4Gバージョン):2.4GHz ISM

入力電圧:5V-12V

USBポート:Type-C

技適番号:210-174080

セット内容

1 * BETAFPV ELRS Nano TX module

1 * BETAFPV Moxonアンテナ

1 * 英語マニュアル

ファームウェアをアップグレードする

弊社製のNanoレシーバーとTXモジュールのストックファームウェアはELRSV1.0.0-RC5(5番目のリリース候補版)です。

ELRS Innovativeチームは、7月17日に最初のメジャーバージョンV1.0.0を正式にリリースしました。 いくつかの更新があります:

TXモジュールとレシーバーを最初のメジャーバージョンV1.0.0にアップグレードすることを強くお勧めします。 また、パイロットは、可能であれば、このGithubページで最新のリリースバージョンを確認できます。

ノート:

1. TXモジュールとレシーバーは同じELRSバージョンである必要があります。そうでない場合、バインディングは失敗します。

2.TXモジュールはWiFi経由のアップグレードをサポートしていません。 ExpressLRSConfiguratorを使用してファームウェアをアップグレードしてください。

基本構成

ExpressLRSは、Crossfireシリアルプロトコル(別名CRSFプロトコル)を使用して、無線送信機とNanoTXモジュール間の通信を行います。 したがって、無線送信機がCRSFシリアルプロトコルをサポートしていることを確認してください。 OpenTXシステムで無線送信機を使用して、CRSFプロトコルとLUAスクリプトを設定する方法を示します。 これを設定するには、OpenTXシステムでモデル設定を入力し、[モデル設定]タブで[内部RF]をオフにします。 次に、「外部RF」を有効にし、プロトコルとして「CRSF」を選択します。

ExpressLRSは、OpenTX LUAスクリプトを使用して、バインドやセットアップなどのTXモジュールを制御します。 LUAスクリプトを使用すると、パイロットはNano RFTXモジュールのいくつかの構成を確認および設定できます。 詳しくはサポートページをご覧ください。

ELRS.luaスクリプトファイルを無線送信機のSDカードのScripts / Toolsフォルダーに保存します。

「SYS」ボタン(RadioMaster T16または同様の無線機の場合)または「メニュー」ボタン(Frsky Taranis X9Dまたは同様の無線機の場合)を長押しして、ワンクリックで実行できるELRSスクリプトを見つけることができるツールメニューにアクセスします。

以下の画像は、LUAスクリプトが正常に実行されたことを示しています。

バインドおよび出力電力

Nano TXモジュールは、ELRSを介してバインディングステータスに入る可能性があります。 「LUAスクリプト」の章で説明されているLuaスクリプト。 さらに、モジュールのボタンを短く押すと、バインディングステータスに入る可能性があります。

バインドおよび出力電力

Nano TXモジュールは、ELRSを介してバインディングステータスに入る可能性があります。 「LUAスクリプト」の章で説明されているLuaスクリプト。 さらに、モジュールのボタンを短く押すと、バインディングステータスに入る可能性があります。

注:バインディングステータスに入るとき、LEDは点滅しません。 モジュールは、5秒後に自動でバインディングステータスを終了します。 短く連続して3回押してバインドします。

Nano RF TXモジュールは、ELRSを介して出力電力を切り替えることができます。 「LUAスクリプト」の章で説明されているLuaスクリプト。 また、モジュールのボタンを長押しすると、出力電力が切り替わる場合があります。

RFTXモジュールの出力電力とLED表示

ブルー:100mW

パープル:250mW

レッド:500mW

タイプ

受信機
商品を表示